肥満で悩まない|正しいダイエット方法を伝授

このエントリーをはてなブックマークに追加

肩のこりの改善方法

レディ

肩こりは血行不良により症状が発生しますが、長時間の同じ姿勢を避けて定期的に運動することで、症状の緩和が期待できます。しかしながらそれでも解消しない場合、患部を温めたりマッサージによる改善を図ります。さらに深刻な場合は、骨格のズレを疑った整体も解消法のひとつとして知っておくとよいです。

もっと読む

快適な眠りを

婦人

モットンのマットレスは、腰痛や肩こりに悩まれている方を中心に高評価を得ています。返品制度もあるので、まずはお試しで購入することも可能です。寝返りもしやすく、耐久性やダニやノミの発生についても対策がされているので、安心して使用ができます。

もっと読む

人生の三分の一を豊かに

ベッド

高反発マットレスは、身体にかかる布団からの抗力を適度に分散してくれるので効率よく疲れを取れる点が大きな利点です。また、実際にお店に行って、それこそ寝具のプロフェッショナルである店員さんにアドバイスをしてもらいながら高反発マットレスを選ぶのが確実ですし、安心です。

もっと読む

食べ方をあらためる

女性のお腹

ゆっくりよく噛んで食べる

健康診断で肥満を指摘されたら生活習慣病が気になるものです。ただ手をこまねいているだけでは近い将来何らかの病気を引き起こすかもしれません。そうならないためにも肥満を解消し、生活習慣病を予防しましょう。肥満は身体に占める体脂肪の割合が多い状態のことです。何らかの病気があるために肥満になる場合もありますが、多くの場合食事から摂る摂取エネルギーと運動で消費する消費エネルギーの収支がアンバランスなために肥満になります。肥満を解消するには過食を招きがちな食べ方をあらためる必要があります。1日3食決まった時間に規則正しく食べ、ゆっくりと30回以上よく噛んで、1回の食事時間には20分〜30分くらいかけましょう。

摂取エネルギーを下げる

肥満を効果的に解消するためには、食事の量を減らすだけでなく、高エネルギーな肉類や甘いお菓子などを控えることも大切です。また濃い味つけでは主食が進みがちになるので、薄味を心がける必要もあります。ですが、あれもダメこれもダメといった厳しい食事制限は不満がたまっていきます。我慢の反動で過食に走ってしまうことになりかねません。肉や菓子類は高エネルギーですが、同じ種類でも比較的エネルギーが低い食品を選んで食べるようにすると良いでしょう。例えば肉なら脂肪の少ないヒレ肉や赤身、ささみを利用します。ベーコンやハム、チーズより低脂肪乳、洋菓子よりも和菓子といった風に、食事の際には脂質をひかえて摂取エネルギーを下げましょう。